2022年03月12日

こどもみらい住宅支援事業


こどもみらい住宅支援事業とは

 子育て世代または若者夫婦世代の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るため、子育て世代または若者夫婦世代による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助金が交付されます。

 

リフォーム工事はどなたでもご活用いただける補助金です!

 

リフォーム工事内容に応じて定める額 

上限30万円/戸

※子育て世代または若者夫婦世帯は、

上限45万円/戸

(既存住宅購入を伴う場合は、

上限60万円/戸

※安心R住宅購入の場合は、

上限45万円/戸

 

以下のいずれかのリフォーム工事が必須です。

 

<必須工事>

①開口部(窓・ドア)の断熱改修

②外壁、屋根、天井または床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

 

<任意工事>

④子育て対応改修

⑤耐震改修

⑥バリアフリー改修

⑦空気清浄機能、換気機能付きエアコンの設置

⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

 

どのようなリフォーム工事でも補助額の合計が5万円以上になる必要があります。

 

申請手続きについて

補助事業者となるのは新築住宅の工事施工業者・販売事業者・リフォーム工事施工者です。(住宅取得者およびリフォーム工事の発注者からの委託を受けます。)

補助金の申請、交付を受けるのは県自治事業者・販売事業者・リフォーム工事施工者です。

交付された補助金は住宅取得者、リフォーム発注者に還元される必要があります。申請にあたっては還元方法についてあらかじめ両者で同意が必要です。

工事施工業者・販売事業者・リフォーム施工者は、「事業者登録」が必要です。

 

サンソウは事業者登録を済ませています。

 

内窓設置・外窓交換・ドア交換の開口部の改修と併せてトイレや浴室のリフォームをして、さらに暮らしを快適にしましょう。